モータースポーツ

モータースポーツを始めるきっかけ

2015/01/19

スポンサーリンク

私が学生の頃は車を持つ事自体がステータスで、スペシャリティカーなんてカテゴリもありました。

ホンダのプレリュードやトヨタのソアラ。

所有しているだけでモテると言われた時代です(;^ω^)

それとスポーツカーも数多く売られていた時代で、憧れたものです。

セリカ、ランサー、RX-7、レガシー、インプレッサ、スカイライン、シビック、CR-X・・・

1600ccのBFMRファミリアターボを買ってサーキット走行会に出たのはいいが、自己満足の世界に飽き足らず、競技に出るにはどうしたらいいか、調べ始めたのがこの世界に入るきっかけでした。

調べるとは言っても最初はレーサーしか頭になく、わざわざNISMOの本社に行っていろいろ聞いてみたりしました。

今から考えると、NISMOのレース担当の方は良くこんな若造に丁寧に接してくれたなって思います。

今でも感謝の思いです。

その時に聞いた話では

・N1シルビアが新車で約700万円

・N2マーチが新車で約1300万円

くらいだったと思います。

バイトしながら生計を立てている学生に手の届くわけもありません。

レーサーを諦めて所属していたモータースポーツクラブを退会し悶々としていた頃、たまたま仕事場の近くにモータースポーツショップらしきものがあり、とりあえずお店に入ったのがラリーと出会うきっかけでした。

’ラリーってなんですか?’

’公道を占有して一台ずつタイムアタックするんだよ。’

’ちょうど明日チーム員が大会に出るからサービスに来てみたら?’

日本でそんな競技やってたのーー(;゚Д゚)!

全然知りませんでした。

知る由もなかったのはそれなりの理由があるのですが。。。

元々峠を走りたかったし、公道を堂々と全開で走れるなんて!

しかも競技車は自家用車として兼用できるし!

この時の衝撃と嬉しさは今でも忘れません。

ラリーにのめり込んでいくのは必然だったんですね。


-モータースポーツ
-, , , , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP