お試しのすすめ

無料との比較

無料とかお試しって言われると何をイメージするでしょう?

どちらも ’お金がかからない’ かな、私もそうです。

まず最初に何でこんな事書いてるかっていうと、

’ああすれば良かったな’

なんて後で考えることがあるからなんですね。

ちょっと整理してみます。

無料・・・物やサービスをタダで受けられる。

お試し・・・物やサービスを無料で一定量もしくは一定期間受けられる。但し、費用がかかる場合もあり。

でもどちらも基本タダだから似たようなもんでしょ。。。

いやいや、よーく考えてみると、’無料だから貰った’ と ’試してみた’ って違ってないでしょうか?

自分が ’今’ 本当に必要としているものかどうか? 

という観点で。

お金がかかるか、かからないかではなくて、視点を変えてみましょう。

’無料’ は自分が欲しいものとは限りませんが、’お試し’ は自分が欲しい、もしくは ’比較したい’ から利用します。

私の具体的な例を挙げると、無料でティッシュが配布されているガソリンスタンドが近くあり、ガソリンも半分くらいだから行ってみた。20分くらい並んでひと箱もらった。でも家にはティッシュの買い置きが10箱はある。

いやいや腐るものじゃないし、必需品だし、損しているわけじゃないから問題ないでしょ?

時間を損失しています。

時は金なりとよく言いますが、着替えたり移動したりを合わせると小一時間、ティッシュひと箱のために時間を使ったことになります。

約一時間でできることを本当に考えると、果たして '無料' の選択は良かったのでしょうか。

その時は時間に余裕があったから問題ありませんが、長い人生の中で '無駄な時間’ が積り積もると、もしかしたらとんでもない事ができるかもしれません。

人にとっての時間は有限。

なんです。時間そのものは無限と言えると思いますが。

とはいえ、常に時間管理を考えると疲れちゃいます。

休む事も必要だし、何もしない時間もものすごく大切です。

じゃどのように振る舞えばいいの?

ここで始めてお金の視点が出てきます。

私の場合、よっぼど必要なければ無料もしくは少額のセールスに時間は割きません。

先着xx名でたまご無料配布とか、本日のみ、xx割引きセール!とかですね。

逆にコンビニ定価でいいので、必要だなって思った時に仕事帰りに買います。

時間を割くのは高額なものやサービスを購入する時。

例えば車や家を買うとき。

そして時間をかけて検討するのは当然ですが、一番大事にしているのは

お試しができるか?

です。車であれば試乗。家であれば、最近お試しでお泊りできる展示場もあるみたいですね。

個人的には素晴らしいと思います。

なぜお試しにこだわるか?

人間の五感、経験に勝る判断材料は無いと思っています。

中古車を買う時に試乗はできません!って言われた中古車屋はその瞬間に店を出たし、家を買うときも間取りや広さ、立地条件、価格だけでは決めません。現地に行ってみないと周りの環境は分からないからです。

ただし、最初から品質がある程度分かっているもの、家電とか、であれば、できるだけ安いものをネットで買うと思います。

では誰もが '失敗した!’ って思うのはどんな時でしょう。

おそらく

高いお金を出したのに期待通りじゃなかった。

場合だと思います。

要はお金と時間のバランス。

なんですね。人によって重心の置き方が違うとは思いますが。

自戒の念も込め、 ’無料’ を探す労力は ’欲しいものを試す’ 労力にしたいものです。

2014/12/24


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


TOP