お中元とお菓子の思い出

私が実家に住んでいたころ、お盆になるとたくさんの親戚が仏様をおがみに来てくれたのですが、そのときにお中元も一緒にもってきてくれる人が多く、いろいろなお菓子がもらえてうれしかったことを思いだします。

なかでも一番うれしかったのが岩手の盛岡に住んでいる親戚のおばちゃんからもらったお菓子です。

水ようかんやゼリーなどが頂き物では多く、とくにそれらが好きではなかった子供時代は盛岡のおばちゃんがくれた菓子折りが一番魅力的でした。

盛岡にある有名なお菓子屋さんの菓子折りで、クッキーやケーキなどの洋菓子がたくさん入っていて、中でもバナナケーキがすごくおいしくて大好きでした。

賞味期限が短いので頂いたら早めに開けて家族で取り合って食べた記憶があります。今でもたまに盛岡に行くとそこのお店のお菓子を買ってきて食べたり、帰省してきた姉におみやげにしたりしています。

性別:女性
年齢:32歳
ペンネーム:あんず

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう