彼が冗談半分にくれた誕生日プレゼントのマーカー

私がまだ彼と付き合う前の話です。私たちは旅行やデートを何回か重ねていましたが、彼氏、彼女という関係なのか、それとも遊びだけの関係なのかお互いに分からないままの状態が続いていました。彼とは海外旅行中に知り合い、仲を深めていきましたが、彼は外国人だったため、日本人のように「告白」という文化がない分、お互いの気持ちがわかりにくい状態でした。

そんな状態で私の誕生日を迎え、彼は私にマーカーをプレゼントしてくれました。というのも私たちが普段会話の中で、例えば車やバイクなど、何か欲しいものが目に入り、彼が「あれが欲しいな。」という度に、私が「マーカー持ってない?私があなたの名前をサインしてあげるよ。」という冗談を繰り返し言っていたからです。

彼は本当にシャイなタイプだったので、ただマーカーを渡すだけで本当に照れてるのがよくわかって、その仕草にときめいていました。彼は彼が下手にラッピングしたマーカーと一緒に手紙もくれましたが、その2つは今までもらった他のどのプレゼントよりも私の心に響いています。

彼はその手紙も私の目の前で書いて、大した内容ではなかったですが、その渡す瞬間まで書くことがまとまらなかったであろう状況が彼の性格から手に取るようにわかりました。なにより私にとって何が嬉しかったかというと、いつも私が言っている大して面白くもない冗談を、大切にしてくれている気がしたからです。

私の言葉を覚えてくれていることにも嬉しかったし、それを受け止めてくれていることは本当に嬉しい出来事でした。

私はそのあとそのマーカーを使って彼にアルバムをプレゼントしました。彼は本当に喜んでくれ、私たちは晴れて付き合うことが出来ました。今でもマーカーとアルバムは家で大切に使っていて、旅行に行くときもなんとなく持ち歩いています。

今では彼が欲しいものがあると、私がさっとマーカーを出して、「マーカー持ってるけどどうする?」と聞きます。このくだらない会話が私にとっては今でもとても愛おしい時間です。

プレゼントはお金ではないと思います。私は今までの元彼には自分がプレゼントしたいものをあげていましたが、このときいかに気持ちが大切なのか、身をもってよくわかりました。もうすぐ来る彼の誕生日には何をプレゼントしようか日々悩んでいます。彼ならきっと何をあげても喜ぶと思いますが、彼がくれたとっておきのようなものをお返ししたいと考えています。

性別:女性
年齢:29歳
ペンネーム:あみ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう