ピアノが趣味な私にキーボードのプレゼント

以前働いていた職場の先輩から誕生日にキーボードをプレゼントしてもらいました。

渡しは昔からピアノを弾くことがすきで、でもあまり上手くないので、人前で発表さえしなかったものの、頼まれるとちょっとだけ弾いたりしていました。

入社してすぐに、わたしの年齢や性格もしらないのに、突然、私の趣味は何だと聞いてくれた先輩だったので、キーボードが欲しいなーなんて、たまに会話の途中で言ったりもしていました。

そのわたしが欲しいと、ふんわり思っていたキーボードが高価だったことや、買ってもどこかで弾くことは無いだろうし、何に使うのか?その時は家にあるピアノで充分だったので、自分で買うことは、まず無いと思っていました。

その会話の途中で欲しいなと笑っていたことを、先輩は、覚えててくれていて、スタンドと、ケースとペダルと全部揃えてプレゼントしてくれました。

すごく高価なものなので、いただいたときは、失礼にもドン引きで、ありがとうございます!と言えず、『どこに置こう』と、自分の狭い部屋のどこに置けばいいのか、こんな高価なものくれてわたしはどうしたらいいのかと、暗い気分になり、それが顔に出てしまっていました。

しかし先輩に『将来きっと、このキーボードが良かったと思ってもらえる日がくるから』と、笑顔で言っていただいて、本当にありがとうございます!とい家にもって帰りました。

その日から、いままで毎日、練習しなかったピアノを私は練習するようになって、
わたしがキーボードを持っているということで、ステージで弾くことをお願いされたり、キーボードを持って出掛ける事が多くなりました。

ただ一人、家でピアノを弾いて楽しんでいたことが、先輩がくれたこのキーボードのおかけで、皆さんに喜んでもらえるわたしの唯一の趣味になり、本当に有りがたいなと、今思います。

サイズや、趣味の合わない、服やアクセサリーをもらうより、本当に嬉しかったし、私のことを本当に考えてくれたプレゼントだと思いました。

これからもずっと使っていける、何十年もして、もし壊れて音が出なくなっても、いただけて良かったと将来思えるプレゼントだと思いました。

やっぱり良かったのは、スタンドや持ち運び用のケース、ペダル、譜面立てなど、全部揃えてくれていたので、もらった、すぐその日から使えたこと。
ピアノ弾きとして呼ばれて、すぐに、持っていけたこと、本当に感謝しています。

おじいちゃん、おばあちゃんが昔くれた本
お父さんがくれたぬいぐるみ
お母さんがくれたワンピース
昔つきあっていた彼氏からもらった、枕
上司に部下のみんなで渡した焼酎サーバー
後輩の彼女に選んだ、赤いキャミソール

一生懸命選んだもの、選んでくれたものが、将来思い出すとき幸せに思えるものだとすごく思いました。

性別:女性
年齢:30代前半
ペンネーム:こむぎいろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう