知っておきたいお礼の手紙・はがきの書き方

2017年8月4日

返礼の手紙・はがきの基本

自筆で書く

手書きが大前提です。どんなに忙しくてもパソコンで書いて印刷することは決してしないようにしましょう。

できるだけ早く出す

厚意を受けた(贈りものを受け取った)その日か翌日に書くことが基本です。
例外として身内の不幸などが偶然重なった場合などはこの限りではありませんが、忘れてしまわないためにも、もらった贈りものや手紙はすぐに片付けてしまわないように心がけましょう。

簡潔にする

文面は長くなりすぎず、お礼が目的なので要点だけを短い文章でまとめます。
便箋一枚程度を目安にしましょう。

他の用件は入れない

追伸としてひとつくらいであれば構いませんが、書きながら思い出したことをあれもこれもと足していくとそもそもお礼としての手紙の意図がぼやけてしまいます。

「お礼をする」という大前提をおろそかにしないように心がけましょう。

相手と自分との立場を考える

手紙の差出人が目上か目下か、親しいか親しくないかによって表現がまったく異なります。
特に目上の人であったりあまり親しくない相手の場合には敬語表現に気をつけましょう。

心を込めて

言葉で真意を伝えるのは非常に難しいものです。

ましてやおざなりに書いたりした手紙はそんな表現がなくとも相手に伝わってしまうものだと思ってください。

「感謝の気持ち」

を持って、字が下手でも全く問題ありません。
達筆な走り書きよりも一字一句、自分の言葉で丁寧に書いたほうが相手により響きます。

自分の気持ちを最初から正しい表現で文章にするのは難しいので、まずは下書きをして手直しをしたうえで清書しましょう。

それと書き終えたら読み返すことを強くおすすめします。

勘違いされるような表現はないか、読みやすい句読点になっているか、読み返すことでチェックすることができます。

相手に思いを馳せながら、じっくりと時間を書けてかきましょう。

お礼状例文集