お昼休みや休憩中に

2016年10月7日

帰り道で待ち伏せしたり追っかけたりするわけにはいかないし、あの人にプレゼントを渡すにはこのタイミングしかない!

きっとそんな状況でしょう。

タイミングを見計らう

相手との立場や贈るものにもよりますが、できれば少しくらい会話ができたほうがいいですよね。

お昼休みや休憩中に周りに完全に悟られずにプレゼントを渡すのは非常に難しいので、逆に自然を装ったほうがいいでしょう。

相手の食事が終わった後や休憩が終わる5分ほど前くらいを目安に、’この前はありがとう’ ’この前は助かったよ’ などと話しかけるか、もしくはストレートに、’渡したいものがあるんだ’ くらいな感じで話しかけてみましょう。

相手がタイミング悪そうだったり、誰か割り込みが入りそうだったらその場で無理はせず、’また後日に’ くらいな感じで。

どうやってプレゼントを手渡す?

相手から、’どうしたの?’ とか '何かあったっけ?’とか聞かれると思いますが、素直に

渡したいものがあるんだ

を言いましょう。本当に伝えたいことは、

プレゼントと一緒にメッセージカードを添えてください

なので、プレゼントはそのまま手渡すのではなく小さめのシンプルな袋に入れたまま渡したほうがいいですね。

相手もプレゼントをもらう時に周りの目を気にするかもしれないので。

メッセージカードにはメールアドレスやSNSアドレスなどを忘れずに書いておきましょう。

相手があなたと同じように直接話しかけてくれる保証はありません。

プレゼントを渡した後は?

相手の反応を待つしかないです。何らかの連絡が来るとは思いますが、もし万が一何の反応もなかったとしてもあなたからは連絡せず、普段通りに振る舞いましょう。

良い結果になることを心より祈ってます。

どんなプレゼントがいい?

あなたと相手との立場や気持ちの持ちようにもよるので一概には言えませんが、とにかくきっかけ作りをいう観点では無難だけど重くなく、だけど相手の手元に置いてもらえるか使ってもらえるものがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう