プレゼントや贈りものの性質、いただいた相手によってはお礼状を送ることをおすすめします。ここでは相手の失礼のない、正しいお礼状の書き方をご紹介します。

お礼状の書き方

表書きで一番大切なのは、

とにかく丁寧に書く

こと。最初に相手の目に触れる部分なのはもちろんですが、中身と違って家族の方も目にすることは十分に考えられます。

字が下手でも構わないので、丁寧に、そして ...

お礼状の書き方

敬語には相手の行動や動作を敬う「尊敬語」、自分がへりくだることで相手に敬意を表する「謙譲語 ...

お礼状の書き方

例文 拝啓(頭語) 残暑厳しき折、(時候の挨拶)その後いかがお過ごしでしょうか。(安否の挨 ...

お礼状の書き方

「親しき仲にも礼儀あり」 といいますが、絶対に間違えたくないのがマナー。 相手に悪気や他意 ...

お礼状の書き方

返礼の手紙・はがきの基本 自筆で書く 手書きが大前提です。どんなに忙しくてもパソコンで書い ...