【フラット35】ダブルフラットとは

2015(平成27)年度から「フラット35」で新しく始まった制度の1つが「ダブルフラット」で、フラット35やフラット20の借入れを2本に分けて利用することによって当初の返済額を増やす代わりに、1本目の返済終了後の返済額を少なくするプランです。

なぜあえて住宅ローンを2本にするのか?

将来のライフイベント、特に大きな資金が長期間必要になる教育費のことを考えると、住宅ローンは早く返してしまいたいところですが、返済期間を短くすれば返済額が増えますので教育費の負担が本格化したときが心配にもなります。

とりあえず長い返済期間で借りて一部繰り上げ返済に励むという方法もありますが、繰上げ返済はある程度の資金を貯める必要があり、返済計画の立案が難しい側面があります。

そこで検討したいのが、フラット35からの融資を2本に分けて借りる「ダブルフラット」という制度。例えば、教育費が本格化する前に一本目のローンを終わらせることで二本目のローン負担を少なくし、その分を教育費対策として利用します。

また教育費だけではなく、借入れのタイミングによっては老後の資金対策としての活用も考えられ、定年となる60歳までとそれ以降も返す2本に分けて定年後は残り1つの住宅ローンのみを返していくというプランにすることで、老後の資金を貯めやすくすることができます。

ローン契約が2本になるため借入時の諸費用は数万円ほど増えますが、借入れ時期とプランによってはそれ以上のメリットがあるはずです。

通常のフラット35返済と比較したダブルフラットの利用例

double-flat-estimateダブルフラットでは当初15年間の月々の支払額が

月々の返済額61,178円(フラット20)+月々の返済額59,777円(フラット35)=120,955円

となり、同じ3,000万円をフラット35一本で借りた場合より約31,000円ほど高くなりますが、15年目以降はフラット35の月々の返済額59,777円のみとなるため、15年目以降は余裕のできた資金を教育費や老後の蓄えに回すことができます。

ダブルフラットで可能な組み合わせ

プラン 組み合わせ例
1 フラット35+フラット35 フラット35(35年返済)+フラット35(25年返済)
2 フラット35+フラット20 フラット35(30年返済)+フラット20(20年返済)
3 フラット20+フラット20 フラット20(20年返済)+フラット20(15年返済)

※ダブルフラットの主な要件は、フラット35サイトの【ダブルフラット】を参照ください。

カテゴリー内記事