住宅ローンを申し込むための確認事項

住宅ローンを借りるためには、まず審査に通る必要があります。
審査は「事前審査(仮審査)」と「本審査(正式審査)」の2回行われ、後者が住宅ローンの正式な申込みとなります。

審査では個人信用情報がチェックされます

まず最初に、金融機関の店舗やインターネットを通して「事前審査」の申込みを行います。いずれの場合も「個人情報の取り扱いに関する同意書」に署名・押印して提出(または、クリック)することが必要です。

これを受けて、金融機関(もしくは保証会社)は住宅ローンを申し込んだ人に関する一定の個人情報をチェックします。

銀行の場合、全国銀行個人信用情報センターが下表のような個人信用情報を管理しており、審査の際にはこれらの情報が照会されます。
一般的な個人信用情報では「取引情報」と「返済履歴情報」がとくに重要で、現在借りている各種融資の契約内容や返済状況などはここに個人で申し込んで確認することもできます。

「照会記録情報」は金融機関が個人情報にアクセスした記録で、直近で照会した記録が登録されている場合は他の金融機関でも住宅ローンを申し込んだ可能性が高く、審査を急いでくれる可能性もあります。

一方、借り換えにあたって以前の照会記録情報があると、そこでは承認されなかった可能性があると判断されて審査が慎重になる可能性もあります。

他のローンやクレジットカードの与信枠は整理しておきましょう

信用情報機関には信販系の「CIC」などもあり、クレジットカードや消費者金融の利用・返済等の情報はこちらが多く利用されているようです。

延滞情報があると住宅ローンの借入れが難しくなるのは間違いないので、気になる方は各信用情報機関にご自身の登録情報の開示を請求してみましょう。

また年収などの状況によっては、自動車ローンなどを事前に一括返済したりカードのキャッシング与信枠を減らす(場合によっては使用していないカードを解約する)などの対応をとっておくほうが無難です。

全国銀行個人信用情報センターとは

一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が設置、運営している個人信用情報機関で、ローンやクレジットカード等に関する個人信用情報登録されており、クレジットカードやローンの新規契約はこの個人信用情報を元に審査されます。

全国銀行個人信用情報センターのおもな登録情報と登録期間

情報の種類 内容 登録期間
取引情報 ローン、クレジットカード、保証の契約内容と返済状況 契約期間中および完了区分発生かS5年を超えない期間
返済履歴情報 残高情報と入金区分の履歴 直近の2年間
官報情報 個人の破産・民事再生などの官報掲載情報 破産手続き開始の決定等を受けた日から10年を超えない期間
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名の別人が登録されている旨の本人からの申立 申告白から5年を超えない期間
紹介登録情報 会員(金融機関等)か5照会があったことを記す記録 照会日から1年を超えない期間。
ただし、会員への提供は新規与信判断の照会では6カ月を超えない期間。

全国銀行個人信用情報センターの返済状況区分

区分 表示の区分と内容
返済区分 延滞解消日 完了区分 内容
契約中の状況を示すもの 制約 契約した
延滞 返済が延滞した
延滞完了日 遅延分を返済した
契約の終了または、これに準ずる状況を示すもの 完了 完済または解約した
代位弁済 代位弁済を受けた
保証履行 保証会社が代位弁済した
強制回収手続き 強制回収手続きをとった
保証債務未履行 連帯保証人に請求したが、返済を受けられなかった
移管 債権を譲渡した
一括化 クレジットカードに再建を集約した

ローン審査が不安などの理由で事前に自分の信用情報を知りたい場合

全国銀行個人信用情報センターに対して本人開示の手続きをすることで、カードローン、クレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴を確認することができます。

本人開示の手段は全国銀行個人信用情報センター(以下、センター)への郵送のみで、センター事務所窓口では受付けられないので注意しましょう。

本人開示申込書がセンターに届いてから、通常、1週間から10日ほどでセンターからあなたの信用情報が郵送されてきます。

本人開示の手続き方法はこちら

カテゴリー内記事