損害保険が必要な理由

2018年6月17日

人生において大きなお金が関わる生活リスクには主に下記があります。

◇病気による入院や死亡
◇火災や地震による家屋の損壊
◇交通事故によって他人を死傷させてしまったり自身が障害を負う

これらは状況にもよりますが、数百万円~数億円単位でお金が必要になり、通常の預貯金ではカバーできない場合がほとんどでしょう。

病気による入院や死亡時に金銭が支払われる生命保険では「保障」と書くのですが、生命保険における「保障」は「以前の状態を保てるように保持すること」を意味し、例えば一家の柱が亡くなって家族の収入が途絶えたとしても亡くなる以前の生活レベルを保持できるように保険で「保障」することを意味します。

これに対して損害賠償における「補償」は、被害を与えてしまった相手や損害を受けた自分の「損失を補う」ことを意味します。

普段の生活では「莫大な損失を補う」必要が生じる火災や地震、交通事故を身近に感じることはほとんどないと思いますが、いざ直面すると数千万円単位のお金が急に必要になる可能性は十分にあり、そしていつ起こるかは分かりません。

数億円単位のお金の賠償リスクに対応できる保険は損害保険しかないのです。

当サイトでは、私たちの生活に関係する主な損害保険について、その内容と選び方・見直し方のポイントをご紹介します。

損害保険分類 損害保険種別
くるまの保険 自賠責保険
自動車任意保険
住まいの保険 火災保険
地震保険
からだの保険 傷害保険
所得補償保険
海外旅行保険
賠償責任保険 個人賠償責任保険
ゴルファー保険

知っておきたい損害保険の基礎知識

カテゴリー内記事