医療保険と傷害保険の違いは?

医療保険(入院保険とも言われます)は病気やケガで入院したり手術を受けたりした場合に保険金が支払われるもので、傷害保険も入院・通院・手術の保険金が支払われるため、よく混同されがちです。

万が一のときに必要な補償が受けられないことのないよう、医療保険と傷害保険の保険内容・違いをよく理解しておきましょう。

医療保険と傷害保険の相違点

医療保険 傷害保険
目的 病気やケガ ケガのみ
死亡保険金 死亡保険金がないタイプが主流 死亡保険金は基本契約
入院保険金 入院1日目から支払われるタイプが主流。1回の入院の支払い限度日数を設定したり、支払限度日数を無制限とすることもできる。 事故の日から一定期間内(180日、730日、1,000日など)の入院に対して支払われる。
手術保険金 手術の程度により、入院日数の10倍・20倍・40倍が支払われる。手術の程度に関係なく10倍・20倍という定額支払いを受けられるタイプもあり、手術だけの治療でも支払われるが、入院が条件となっている商品もある。 入院中に受けた手術は入院保険金日額の10倍、外来で受けた手術は5倍が支払われる。
通院保険金 入院保険金の支払い条件となる入院後に通院した場合に限って保険金が支払われ、通院だけでは支払われず、限度日数もある。 事故の日から一定期間内(180日、730日、1,000日など)の通院に対して支払われる。限度日数あり。

医療保険は病気かケガかを問わず、治療目的で入院した場合に保険金が支払われますが、傷害保険はケガに限定されています。

また通院保険金の場合、医療保険は退院のみが支払い対象で、傷害保険のように通院だけの場合は支払対象になりません。

これは、医療保険は病気も補償範囲のため、風邪などの軽度な病気の通院も補償対象にすると保険自体が成り立たなくなることによります。

医療保険と傷害保険のバランスのよい利用方法

基本的には病気もカバーする医療保険を優先し、ケガのリスクの程度によって傷害保険を組み合わせることをおすすめします。

医療保険と傷害保険の試算例

試算条件:40歳・男性・内勤事務職・趣味はトレッキング
パターン1:医療保険のみ

保険商品 補償内容 保険金額 保険料
A社終身医療(60日型)/保険料全期払い高度先進医療付 病気/事故 入院 10,000円 ¥4,370
手術 入院中:20万円
外来:5万円

パターン2:医療保険+傷害保険

保険商品 補償内容 保険金額 保険料 合計保険料
A社終身医療(60日型)/保険料全期払い高度先進医療付 病気/事故 入院 5,000円 ¥2,280 ¥4,380
手術 入院中:10万円
外来:2.5万円
A社傷害保険 事故 死亡 500万円 ¥2,100
入院 7,500円
手術 入院時:7.5万円
外来時:3.75万円
通院 3,000円

上記パターン1とパターン2で保険料がほとんど変わらないように、医療保険の保険金額を傷害保険に充てることでケガの補償を手厚くすることができます。

自分のライフスタイルに合わせた保険選びの参考となれば幸いです。

所得補償保険とは?

カテゴリー内記事