火災保険で補償されるものは?

火災保険は長期で契約する場合が多いので見直すタイミングがあまりありません。
しかしいざ事故が起こると十分な補償が受けられない、必要と思われる補償に入っていなかった、などといったケースもめずらしくありません。

火災保険を見直すときのために、火災保険の補償内容を整理しておきましょう。

火災保険の補償対象

火災保険は「建物」はもちろんのこと、「家財」にも保険を掛けることができます。
契約は「建物」と「家財」を1つの契約にしたり、「建物」と「家財」を分けて契約することも可能です。

通常、持ち家の場合は「建物」と「家財」に、賃貸住宅の場合は「家財」のみに保険を掛けることになります。

「建物」に対する保険は、建物本体以外に門や塀や物置や車庫など、建物に付属するものも補償対象とすることができます。

なおマンションの場合は、通常自分の部屋となる「専有部分」のみを保険対象とするので注意しましょう。というのも、マンションエントランスやエレベーター、階段、廊下、集合室などのマンション共用部分は管理組合が火災保険を掛けているからです。

この管理組合が共用部分に掛けている火災保険は、マンションの所有者が毎月負担する管理費等から支払われています。

「家財」は建物内に収容できる生活用品全般が補償対象となり、

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • リビング家具
  • 洋服ダンス

などがあります。なお、30万円を超える貴金属や宝石、美術品、骨とう品などの貴重品は、「明記物件」として申込書に明記しないと補償対象とされない場合があるので、注意しましょう。

また車庫に保管されている自動車は火災保険の補償対象にはなりません。

「建物」が全焼して中の家財一式も燃えてしまうと、「建物」にしか火災保険を掛けていない場合は家財に対して保険金が支払われないので、可能な限り火災保険は「建物」と「家財」両方に掛けておきたいところです。

地震による火災は補償対象外

火災保険は火山の噴火や地震、地震を起因とした津波を原因とする火災や損壊、流失による建物や家財の損害は一切補償されません。

地震による延焼も同様に補償されないので、地震に備えるためには火災保険とは別に「地震保険」に加入する必要があります。

地震保険は火災保険と同様に「建物」と「家財」それぞれに保険を掛けることができますが、地震保険自体が単独で契約することができないため、必ず主契約となる火災保険とセットで契約することになります。

隣の家の火事が燃え移って自分の家が焼けてしまったら?

結論から言うと、出火元に重大な過失があったと認められない限りは隣の家に対して損害賠償請求はできません。※失火責任法

よって他人の家からのもらい火で自分の家が焼けたとしても、自分の火災保険で補わざるを得ないことになります。

日本は地震大国です。いつどこで地震が発生してもおかしくありません。
火災保険と合わせて地震保険の加入も是非検討しましょう。

カテゴリー内記事