地震保険契約のポイント

耐震性以外に考慮すべきポイント

建物の周辺環境

耐震性が高い建物でも、隣の建物が地震で倒壊して損害を受けたり、倒壊した隣の建物から出火して自宅が火事になった場合、自宅に地震保険が掛けられていないと損害に対して保険金は一切支払われません。

よって、「耐震性が高いから」といった安易な理由で地震保険に加入しないのは非常に危険です。

地震保険を検討するときは、建物の耐震性や耐火性はもちろん、周囲の建物の構造や築年数、密集の度合いといった周辺環境もよく見極めて地震保険を検討しましょう。

家財の損害

耐震性が高い建物でたとえ建物に大きな損害がなくても、家財は大きな被害を受けるケースがよく見受けられます。

食器棚や花びんなどの調度品、冷蔵庫や大型テレビ、洋服ダンスや水槽など、地震によって倒壊しやすく、また、被害額が大きい家財は意外と種類が多く、また家財によっては二度と使いものにならないものもあります。

よって耐震性が高い建物でも、およそ倒壊のおそれがあり、被害額が大きいと思われるものの再購入費用を合算し、同程度の家財の地震保険に加入しておくことをおすすめします。

火山噴火や津波被害の可能性

火山の噴火を原因とする火災や損壊、埋没は地震保険でないと補償されません。
同様に、地震を原因とする津波による建物の損壊や流出も地震保険でないと補償されません。

沿岸地域だと津波に対する備えはもちろん必要ですが、火山からだいぶ離れた地域でも風向きによっては噴石や火山灰による被害を受ける可能性があります。

地震保険は、地震の揺れによる建物や家財の直接的な損害だけでなく、地震に伴う津波や、突然襲ってくる火山の噴火といった予測が困難な自然災害による損害も補償されます。

津波や火山による損害がどの範囲までどのような影響を与えるか、シミュレーションによりあらかじめ想定されたハザードマップが公開されています。

火山ハザードマップデータベース(NIED)
国土交通省ハザードマップポータルサイト

特に沿岸地域や火山の周辺地域に住環境がある場合は、上記ハザードマップを参考にしながら地震保険の加入を積極的に検討しましょう。
地震保険の保険料が決まる条件とは?

カテゴリー内記事