知って得する火災保険の補償範囲

意外に広い火災保険の補償範囲

火災保険といえば「火災」が原因の保険と想像されますが、火災保険は「火災」が原因の損害だけではなく、「落雷」や「破裂・爆発」などによる損害も補償対象となります。

さらに台風や河川の氾濫などによる「水災」や、「盗難」、「水ぬれ」、「物体の落下・飛来・衝突」、「騒じょう等(暴力・破壊行為)」など、普段の生活で発生しうる様々な損害まで補償対象となります。

火災保険で補償されるさまざまな損害

リスク分類 補償内容 保険金が支払われる場合
火災リスク 火災、落雷、破裂・爆発 火災、落雷、破裂・爆発などにより建物や家財が損害を受けた場合
自然災害リスク 風災・ひょう災・雪災 風災・ひょう災・雪災などにより建物や家財が損害を受けた場合
水災 台風や豪雨などで引き起こされた洪水・高潮・土砂崩れによって建物や家財が損害を受けた場合
日常生活リスク 水ぬれ 給排水設備の事故や他の部屋で起きた事故によって生じた水濡れなどで建物や家財が損害を受けた場合
物体の落下・飛来・衝突 野球ボールが飛んできて家の窓ガラスが割れたり、車が塀に衝突してそのまま当て逃げされたなど、外部からの飛来や衝突で損害を受けた場合
騒じょう・集団行動などによる破壊 デモや労働争議などの集団行動によって建物や家財が損害を受けた場合
盗難、盗難による破損・汚損 強盗や窃盗により建物や家財が損傷・汚損したり家財が盗まれた場合。家財では現金なども一定の金額の範囲内で補償されます。
偶発的な事故による破損・汚損 偶然な事故や不注意などにより建物や家財が損害を受けた場合

火災、落雷、破裂・爆発

「落雷」は雷で家が火事になった場合だけでなく、「家財」を対象にしていればテレビやパソコンが過電流で故障したときも補償の対象になります。
「破裂・爆発」は、ガス爆発などで建物や家財が損害を受けた場合に補償され、「放火」や「失火」、「もらい火」も補償対象になります。

風災・ひょう災・雪災

台風で屋根が飛ばされたりひょうで屋根瓦が割れたり大雪で屋根が潰れたりしたときに補償されます。

一部の保険会社を除き、基本的に火災保険の基本契約に含まれます。

水災

大雨や河川の氾濫による床上浸水などの損害が補償されますが、土砂崩れによる損害も補償対象となります。

集中豪雨で家が浸水したり、土砂崩れで家が流されたり、家財に入っていれば床上浸水で使えなくなった家電製品も補償されます。

水ぬれ

給排水設備に生じた破損やひび割れなどの事故による水ぬれ損害を補償します。
給排水設備の損傷による損害はマンションやアパートなどの集合住宅では十分に起こりうるリスクで、給排水管が壊れて室内の家財が水浸しになったり天井や床の張替えが必要になった場合などに補償されます。

物体の落下・飛来・衝突、騒じょう・集団行動などによる破壊

車の当て逃げや交通事故による車の飛び込みによって家のブロック塀が壊れた、デモや労働争議ののあおりで家の門を壊されたりシャッターを壊された場合などに補償されます。

盗難、盗難による破損・汚損

泥棒にガラスを割られたり空き巣に家財を盗まれた場合に補償されます。
現金が盗まれたときは1回の事故による補償限度額が設定されている場合がほとんどで、その限度額の範囲内で保険金が支払われます。

偶発的な事故による破損・汚損

子供同士の喧嘩で壁に穴があいた、家具を移動させていたら誤って花びんを落として割ってしまったなど、偶然や不注意によって発生した損害が補償されます。

火災保険で更なる出費にも備えよう

諸費用も補償される費用保険金とは

大きな損害が発生すると、建物や家財に加えて様々な諸費用が発生します。
例えば火事の現場だと、

  • 現場の清掃費用
  • 燃え残ったものの廃棄費用
  • 仮住まいのためのホテル代やアパート代

が挙げられます。「費用保険金」は、このような「建物」や「家財」とは別に発生する諸費用を補償します。

いざというときにとても役立つ補償なので、是非検討しておきたいところです。

臨時費用保険金

火災保険から支払われる損害保険金とは別に支払われる保険金で、特に使い道が限定されていないのが特徴です。
保険会社によっては「事故時諸費用」という名称で他の費用保険金とセットになっています。

保険金はおおよそ損害保険金×10~30%程度の範囲内で限度額は100万円~300万円程度です。

残存物取片付け費用保険金

火災保険から損害保険金が支払われるときに、燃え残ったり損害を受けた建物や家財の片付け・撤去に必要な費用に対して支払われる保険金です。
建物や家財が燃えると大量の焼けくずや燃え残りが発生し、撤去や土地の修復には多大な費用がかかります。

保険金はおおよそ損害保険金×10%程度を限度に実費が支払われます。

失火見舞い費用保険

火災や破裂により第三者の所有物を壊したり傷つけたりしたときに見舞金として支払われる保険金です。
ただし、保険金の支払い対象は物理的な損害に対してのみで、火事による異臭の付着などの損害は認められないケースがほとんどです。

保険金はおおよそ被災世帯×20~50万円程度の範囲内で、1回の事故につき保険金額の20%程度が限度となります。

修理付帯費用保険金

水ぬれ事故の原因や損害の範囲を確定するための調査費用、仮修繕費用などに対して支払われる保険金です。

保険金は保険会社の承認を得て実際に支出した費用、1回の事故につき損害保険金に相当する額や契約金額の10%、もしくは、100万円程度が限度額となります。

特別費用保険金

保険金額の80%を超える保険金が支払われて保険契約が終了したときや、全損の家屋を立替えたり、もしくは、再購入しなければならないほど大きな損害が生じた場合に支払われる保険金です。

保険金はおおよそ損害保険金×10%程度で200万円程度が限度額になっています。

水道管修理費用

建物の水道管が凍結によって損害を受けたときに修理費用として支払われる保険金です。
保険金は1回の事故あたりおおよそ10万円程度が限度額になっています。

損害拡大防止費用保険

火災や落雷、破裂・爆発といった事故が起きたとき、延焼を防止するための消火活動に支出した費用もしくは消火剤の詰め替え費用などに対して支払われる保険金です。

保険金はほとんどの場合実費が支払われます。

地震火災費用保険金

火災保険では地震・噴火もしくはこれらを要因とする津波を原因とする火災は補償対象外ですが、少しでも地震に対する損害を補償する目的で用意されているのが地震火災費用保険です。

地震・噴火による火災で建物が半焼(建物の消失面積が延べ床面積の20%以上)、家財が全焼(損害額が家財評価額の80%以上)した場合に保険金が支払われます。

保険金はおおよそ保険金額の5%、300万円が限度で、大手の保険会社では自動付帯されます。

また保険会社によっては最大50%まで増額することができ、地震保険とあわせて地震による火災で評価額全額が補償されます。

火災保険の代表的なオプション

延焼先の建物や家財に与えた損害を補償する「延焼損害補償」といったオプションがあり、自分の家の家事が隣の家に燃え移ったり消防活動による放水によって損害を与えた場合に延焼先の損害を補償します。

ただし、延焼先が加入している火災保険で損害がまかなえない場合のみ保険金が支払われるオプションなので、補償内容をよく吟味してから加入を検討しましょう。

それと階下への漏水損害など、他人への様々な賠償に備える「個人賠償責任補償」といったオプションもあり、特に分譲マンションや賃貸住宅の火災保険にセットで販売されます。

このオプションは住宅の所有、使用または管理に起因する偶発的な事故や、日常生活における偶然の事故で他人の身体へ傷害を与えたり、他人の財物に損害を与えた場合に負担しなければならない法律上の損害賠償責任に対して保険金が支払われます。

なお、分譲マンションなどで管理組合が共用部分に掛けている火災保険にこのオプションがセットされている場合は居住者もこれを利用することができるため、いざという時のために共用部分に関する保険および補償内容も確認しておきましょう。

カテゴリー内記事