自賠責保険と任意保険の基礎知識

自動車保険には大きく分けて自賠責保険と任意保険の2種類あり、自賠責保険は法律で加入が義務付けられています(通称、強制保険ともいいます)。

自賠責保険の補償対象は人身事故のみ

自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責保険)は、自動車事故の増加に伴って「交通事故の被害者の救済」を目的に、国が法律で加入を義務付けた国の制度です。

「交通事故の被害者の救済」が自賠責の目的なので、事故によって破損した車両や建物などのモノに対する損害は対象となりません。

ただ国の制度とはいえ窓口業務は民間委託されているので、保険会社や農協(JA)やCOOP(消費者生活協同組合)などで加入することができます。

自賠責保険を補うための任意保険

上述したように自賠責保険では「モノ」に対する補償がないため、自賠責保険の補償範囲をカバーする目的で通常は任意保険にも加入します。

また自賠責保険の人に対する補償額も、例えば相手が死亡した場合で最高3,000万円と定められているため、億単位の賠償例もたくさんある現状を踏まえると、対人と対物に無制限の補償が付けられる任意保険に加入しておくべきでしょう。

死亡事故の逸失利益の計算例>>

保険種別 補償対象 事故内容 保険・特約種類
事故損害合計額 自賠責保険 対人のみ 人身事故 自賠責保険
任意保険 対人 相手を死亡させたり傷害を負わせた 対人賠償保険
対物 相手の車両や建物などを壊した 対物賠償保険
傷害 自分の車に乗っている人が死傷した 人身傷害保険
搭乗者傷害保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両 自分の車が損害を受けてしまった 車両保険
レッカー費用や弁護士費用など 事故でレッカー車や弁護士の助けが必要になった レッカーサービス
弁護士費用特約

自賠責保険と任意保険の違い

比較項目 自賠責保険 任意保険
加入義務 法律により加入必須 車の所有者(使用者)の任意
補償範囲 対人賠償のみ 人身事故から物損事故まで交通事故全般の損害
保険の目的 被害者の最低限の補償を確保 自賠責保険の不足分を補う
保険金・補償内容 法律で定められている 自分で選択可能
請求先 加入している自賠責保険取り扱い保険会社 加害者もしくは被害者が加入する保険会社
示談交渉 自分で行う 契約する保険商品によっては示談代行サービスあり

カテゴリー内記事